奈良の蚊帳生地のふきん

奈良の蚊帳生地のふきん

かってはどこの家にもあったという「蚊帳」の生地で作られたふきん。私の年代(40後半)でも都会で育った者は蚊帳とか知らないんですよ。

古くから蚊帳が特産品であった奈良では蚊帳の需要が無くなった今、蚊帳織りの技術はこういった物に受け継がれてるという事です。

一枚500円なり。日常的に使うふきんですが、ふきんを使うのが楽しくなりました。500円が安いか高いか、こんなに楽しませてくれるんですから、私には安かったです。

◆ 撮影データ PENTAX MX-1

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ ランキング応援クリックお願いします!

カテゴリー: 作品,道具 | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL: http://kaneku.info/kayakiji-fukin.html/trackback