角打ち

角打ちと書いて かくうち と読みます。

酒屋の店先のカウンターでの立ち飲みをこう呼ぶんだと教えてくれたのは九州出身の飲み仲間。

大阪では単なる立ち飲み屋と呼ぶわけですが、たいそう流行っている店はほんの少し。駅前とかに限られる話で、自分の住む街を眺めると、角打ちはもちろん、立ち飲みはもはや死語。

言葉が死語なら角打ちの店も絶滅危惧種となっていたりするのです。

この日暖簾をくぐった店も、ばーさんが一人でほそぼそとやってるんだとのこと。

私は嫌いじゃありませんけどね、おでんをつまみながら一杯やる立ち飲みは。

カテゴリー: 作品,グルメ | Tags: コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL: http://kaneku.info/kakuuchi.html/trackback