鱧の炙りを食べて夏を感じる

鱧の炙り

軽く炙った鱧を、塩か梅肉でどうぞ。

京都の祇園祭りに大阪の天神祭りには欠かせない食材、関西では飲食店に鱧がメニューとして出てくれば、そろそろ夏だぞという合図。

鱧は梅雨の雨を飲んで旨くなる、みたいなことが言われており、私などは汗ばむ季節になると鱧を食べなければならないと思うぐらいに刷り込みがある。

本来の旬は冬を乗り越える為にたくさん食べて脂の乗る秋だというのに、何故夏場に鱧が食べられるようになったのか?

それは、内陸に位置する、京都の都が原因なんだと言います。要は人力の時代には、他の魚では傷んでしまうが、生命力の強い鱧は暑い夏の日の移動に耐え、京都の料理人は鱧を好んで使うようになったんだとか。

これは京都の話だが、大阪で天神祭りの時期に鱧というのは何故だろうか??大阪湾は良い漁場だったはずで、他にも食べるものがあったはず。やっぱり、京都への憧れみたいなとこから根付いたんでしょうかね。

カテゴリー: 作品,大阪グルメ | Tags: , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL: http://kaneku.info/hamo-aburi.html/trackback